IMASUGU ニュース

  〜 好きなこと、好きなように、好き勝手に、好きなだけ、imasuguいろいろと〜

*

M-1グランプリ過去歴代チャンピオンまとめ!一番面白いのは誰?

      2017/09/18

M-1グランプリ

2015年に復活した、年末のお茶の間の定番Mー1グランプリ!これまでの歴代優勝者をまとめてみました。今年のM−1に向け予習しておきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

M−1グランプリ歴代優勝者

 

2001年 第1回(出場組数:1,603組)

中川家(吉本興業 大阪)

スクリーンショット 2015-07-02 16.10.06

栄えある第1回目は中川家でしたか〜!兄の剛(左)と弟の礼二(右)からなる、言わずと知れた兄弟漫才コンビですね。結成が1992年で、この時すでに結成10年目。M−1出場資格が ”結成若しくは現在のコンビ名での活動開始から満10年以内” ということで、挑戦出来るのは最初で最期。そんな背水の陣で臨んだ年で見事優勝。やりますね〜。その後の活躍はみなさんもご存知の通りです。それにしても二人とも、若い・・・!!礼二さん、この頃から比べると痩せましたね〜!

 

2002年 第2回(出場組数:1,756組)

ますだおかだ(吉本興業 大阪)

スクリーンショット 2015-07-02 16.09.17

増田英彦(右)と岡田圭右(左)の2人からなるお笑いコンビ。結成は1993年で、こちらも挑戦可能最初で最後の年で優勝!2年連続で資格上限一杯のコンビが優勝ですか〜。
もともと正統派漫才を得意としている2人組ですね。ところで岡田さんは現在もちょくちょくTVで見かけますが、増田さんはあまり見ないですね・・。確か、「クイズ!ヘキサゴン」放送当初には2人で出演していたと思うのですが。ネットで検索してみると、島田伸介に干されたという情報もちらほら・・。真偽のほどは定かでありませんが、また戻ってきてほしいものです!ちなみに岡田の娘さんの岡田結実さんは現在タレントとして活躍しており、激カワなことを知っていましたか?気になる方は検索してみてくださいね。

 

2003年 第3回(出場組数:1,906組)

フットボールアワー(吉本興業 大阪)

スクリーンショット 2015-07-02 16.23.29

岩尾望(左)と後藤輝基(右)の二人によるお笑いコンビ。今や後藤をTVで見ない日はないほど、彼がMCを務める番組って多いですよね。あのツッコミは芸術的です。
2人の結成は1999年ですが2001年の初大会からM−1に挑戦2001年6位、2002年2位、そしてデビュー僅か4年目にしてM−1王者に!彼らは実は様々な新人賞も獲っていて、それからのM−1優勝なんですね。また2006年にもM−1準優勝をしています。さすが現在もTVでよく見かけるわけです。
個人的に、有吉弘行が彼らにつけたあだ名が忘れられませんw

岩尾→「生ゴミ」

後藤→「病気のカラス」

 

 

2004年 第4回(出場組数:2,617組)

アンタッチャブル(プロダクション人力舎)

スクリーンショット 2015-07-02 16.36.19

山崎弘也(左)と柴田英嗣(右)からなるお笑いコンビ。彼らは結成は1994年で、この年が最後の挑戦だったんですが、前年の2003年M−1でも、敗者復活戦から決勝まで勝ち上がっています。優勝を飾ったこの年は、審査員全員から一位を与えられて優勝しました。また、優勝した2004年には爆笑オンエアバトル第6代チャンピオンにも輝いていますので、2003年〜2004年は彼らが最も加速した年でしょう。
その後、柴田は女性トラブルで長らく休業していましたね。2011年には一応復帰しているはずなんですが、以前ほど見ることはなくなりましたね。二人の掛け合いが好きだっただけに残念です。

 

2005年 第5回(出場組数:3,378組)

ブラックマヨネーズ(吉本興業 大阪)

スクリーンショット 2015-07-02 16.45.32

紹介の前にちょっと待ってください 小杉〜!!痩せてる〜!!(驚愕)
失礼しました。あまりにも驚いたもので(笑)
ブラマヨは、小杉竜一(左)と吉田敬(右)の2人によるお笑いコンビですね。この年からM−1参加出場組数も一気に3,000組台へ。
結成は1998年で、2001年から2004年も全てM−1に挑戦しており、いずれも準決勝敗退。しかし初優勝を飾ってからは全国区のお笑い芸人へ。現在もTVで見ない日はありませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

2006年 第6回(出場組数:3,922組)

チュートリアル(吉本興業 大阪)

スクリーンショット 2015-07-02 16.58.37

徳井義実(左)と福田充徳(右)によるお笑いコンビ。結成は1998年ですが、二人はなんと5歳からの幼なじみ。幼稚園から予備校まで全て同じ学校の同級生だったそうです。たくさんいるお笑い芸人の中でも珍しい関係ですね。彼らもこの年の前年、M−1グランプリ5位を獲得しており、優勝候補の筆頭候補として挙がっていました。
そして見事優勝。初優勝をしてからは東京での仕事が激増し、拠点を大阪から東京に移したそうです。また、二人は周囲から同性愛を疑われるほど仲がいいことでも有名らしいです。その後のチュートリアルの活躍は説明不要かと思います。

 

2007年 第7回(出場組数:4,239組)

サンドウィッチマン(フラットファイヴ)

スクリーンショット 2015-07-02 17.06.01

1998年結成のお笑いコンビ。 伊達みきお(左)富澤たけし(右)からなる。
仙台商業高等学校ラグビー部で出会ったのが結成のきっかけ。実はサンドウィッチマンは元3人組だったそうです。彼らはこの年の敗者復活戦から復活し、優勝まで勝ち取った史上初のコンビです。筆者もリアルタイムでみていたので衝撃的な逆転劇で鮮明に覚えています。
また、吉本興業所属ではない芸人としてはますだおかだ、アンタッチャブルに次ぐ3組目。サンドウィッチマン以降は軒並み吉本系列が独占しています。敗者復活枠から勝ち上がり、なお且つ大手事務所ではない彼らなので、たくさんの人に夢と勇気を与えたことでしょう!現在は2人とも東日本大震災の復興支援を精力的にしていることでも有名です。

 

2008年 第8回(出場組数:4,489組)

NON STYLE(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

スクリーンショット 2015-07-02 17.15.28

石田明(左)と井上裕介(右)の2人による漫才コンビ。結成は2000年で、2004年あたりから漫才系新人賞など多数獲得しはじめ、M−1優勝の前年には2007年 爆笑オンエアバトル第9代チャンピオンを取るなど地道にキャリアを積んできた芸人です。
彼らがすごいのは、優勝したすぐ翌年の第9回M−1にも連覇を狙い出場しているんですね。結果は第3位でしたが、予選から勝ち上がり第3位までいくのもかなりすごいことですよね。しかも前年王者という看板を掲げて。
芸風やイメージから、なかなか男前の印象はつきにくお二人ですが、この逸話はめちゃくちゃかっこいいですね!
今年は結成15年までのコンビがM−1に出場できますから、2000年結成の彼らも最後のチャンスとして出場することもありえる・・?かも!

 

2009年 第9回(出場組数:4,629組)

パンクブーブー(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

スクリーンショット 2015-07-02 17.23.25

2001年結成で、佐藤哲夫(左)黒瀬純(右)からなる2人組。2人とも大分と福岡の九州出身です。
正直この中で一番、最近見かけないかな・・?と思ってしまったのですが、けっこうな実力者なんですよね。というのも、この年の優勝を皮切りに、NON STYLEのように翌年のM−1も出場、3位獲得。さらに「THE MANZAI」2011でも優勝と、その実力折紙付なはずなんですが。まぁ、現在のお笑い界は時間差で再ブレイクということも多々ありますからね、今後の活躍に期待です!

 

2010年 第10回(出場組数:4,835組)

笑い飯(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪)

スクリーンショット 2015-07-02 17.32.31

西田幸治(左)と哲夫(右)の2人からなるお笑いコンビ。M−1グランプリといえば、彼らを思い出す方も多いのではないでしょうか?
彼らは2000年に結成されたんですが、結成2年目の2002年から2010年までM−1に9回連続出場、それも全て5位以内に入っているんです!そしてM−1最期の年に悲願の優勝を勝ち取りました。
ネタはWボケという非常に個性的なスタイル。じわじわとツボに入ってくる中毒性のある漫才です。
2015年現在結成15年目ですので、今年も出場出来る範囲ではありますが・・・さすがにないかな?もしあったら面白い展開が確実ですね!

 

 

2011年〜2014年はM-1グランプリ開催なし

2010年の大会終了後、主催の吉本興業は

「大会を通じて、漫才が隅々まで広まった。10年の節目をもって発展的解消することが、次につながる」

とし、大会の終了を決める。

その後、2015年に朝日放送の社長が2015年にM-1を復活させることを発表し、M-1グランプリが復活!

 

 

 

2015年 第11回(出場組数:3,472組)

トレンディーエンジェル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京)

トレンディエンジェル

M-1復活2015年の優勝は

「斎藤さんだぞ」

「ペッ」

で大ブレークしたトレンディーエンジェル!

彼らはサンドウィッチマン以来史上2回目となる敗者復活枠からの優勝で、ノーシードからの優勝はなんと初の快挙!

ボケの斎藤司(写真右)と、たかし(左)。そのルックス(ハゲ)を存分に生かした、見た目もインパクトのあるネタが持ち味ですよね。

見た目がインパクトありすぎて、「見た目頼りすぎる感のあるコンビ(実力あんまりない)かなぁ〜」とも最初は思いましたが、M-1優勝後の活躍を見ると、トークもかなりいける実力派でしたね。
おそらく、斎藤さんは昔アルバイトで楽天で法人部門で営業マンとして働いていたので、その経験も生きているのかなと思います。

 

2016年 第12回(出場組数:3,503組)

銀シャリ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー )

(出典:Yahoo!Japan)

(出典:Yahoo!Japan)

 

M-1復活2年目の優勝は「銀シャリ」の二人!

大阪出身の鰻 和弘(うなぎ かずひろ)(左)と、兵庫出身の橋本直(右)からなる二人組。
結成は2005年。漫才を主としているが、コントも得意。

2015年のM−1グランプリでもトレンディーエンジェルに次ぐ2位を取っている実力派コンビ。この年もなんと2位の和牛とたった1点差で優勝を掴み取りました。まさに執念の金メダル!?

優勝後、2017年はお茶の間でこの二人を見かける機会もグンと増えましたね!本人曰く、ギャラも4倍になったと話しています。

 

2017年出場者の注目コンビは?優勝予想!

2015年の大会復活から、出場資格は結成15年までのコンビとなり、それまでより参加者のバラエティが富んでいますね。

今年の注目株は・・・

 

和牛(2006年結成)
2009年は準決勝進出、2015年は第6位
、2016年は敗者復活戦を経て最終決戦まで残り第2位

 

南海キャンディーズ(2003年結成)
2004年第2位、2005年第9位、2009年第8位

 

アキナ(2012年結成)

 

スーパーマラドーナ(2003年結成)
2015年第5位、2016年第3位

 

さらば青春の光(2008年結成)
2009年/2015年準決勝進出、2016年第4位

 

とろサーモン(2002年結成)

 

カミナリ(2011年結成)
2016年7位

 

 

南海キャンディーズがまた出場するとは・・!ベテランなのにすごい勇気ですね。かっこいいです。

8月から既に予選が始まっており、決勝は例年通り年末の生放送!今年も優勝者には1000万円が贈られます!今から楽しみですね!

 

歴代チャンピオンでは誰が一番面白い?

 

ここからは筆者の独断と偏見に満ちた主観的評価です。一応ネット上での反応も参考に総合的に判断して決めてみました(笑)

 

1.笑い飯
2.ブラックマヨネーズ
3.アンタッチャブル
4.チュートリアル
5.サンドウィッチマン
6.フットボールアワー
7.中川家
8.ますだおかだ
9.NON STYLE
10.パンクブーブー

 

笑い飯の「奈良歴史博物館」ネタは衝撃的でした。

賛否両論ありそうですが、苦情は受け付けません(笑)

ちなみに漫才の頂点を決める大会がM-1なら、コントの頂点を決める大会はキングオブコントです。このキングオブコントの詳しい記事はこちらキングオブコント歴代優勝王者まとめ!決勝戦の放送日や視聴率も

 

そのほかM−1でブレイクした芸人たち

 

南海キャンディーズ

2004年 M-1グランプリ2位、2005年 M-1グランプリ9位、2009年 M-1グランプリ8位

スクリーンショット 2015-07-02 17.55.10

 

 

麒麟

2001年 M-1グランプリ5位、2003年 M-1グランプリ8位、2004年 M-1グランプリ3位、2005年 M-1グランプリ3位
2006年 M-1グランプリ3位

スクリーンショット 2015-07-02 17.55.44

 

 

オードリー

2008年 M-1グランプリ2位

スクリーンショット 2015-07-02 17.56.36

 

 

優勝は勝ち取っていないといっても、みなさんすごい経歴です。ブレイクするにはやっぱり実力があるんですね。

 

まとめ

 

2001年から2010年まで続き、一旦休止していたM−1グランプリ。当時の出場条件は「結成10年まで」でしたが、2015のM−1グランプリは「結成15年まで」となり、参加者の枠が広がりましたね。新人から中堅までの熱い戦いが繰り広げられています。
また個人的には、女性コンビの決勝進出がまだないようなので、その辺も期待したいと思います。今から年末が待ち遠しいです!

 

スポンサードリンク



 - お笑い, 芸能

Comment

  1. 睦月かい より:

    笑い飯なんてつまんねぇよ…
    そのあと全然活躍してないだろ… wwww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

エルトンジョンが怒りの不買運動!ドルガバにブチ切れた理由とは!?

世界的ビッグアーティストのエルトンジョン氏が、イタリアの超有名ブランド、 ドルチ …

カトパンの退社理由は彼氏と結婚?現在と過去の熱愛疑惑まとめ

カトパンが9月でフジテレビを退社すると報道され話題になっていますね。フリーへの転 …

乳首ドリルすな!って何?ももクロもハマるすっちー&吉田裕って誰?

今年上半期にブレイクした芸人といえば「8.6秒バズーカ」や「ダンソン」ですね。 …

悠木碧の早口CMがすごい!メイキング映像や写真も紹介!

声優、悠木碧さんのCMが話題です。何が話題かというとその ”早口さ” 。 なんと …

第2回AKB48大運動会の結果を大胆予想!チケット販売日&値段は?

一昨日、幕張メッセにて行われた「AKB48 39thシングル『GreenFlas …

美山加恋が星野真里似と話題!韓国通の現在の姿と彼氏のタイプは?

フジテレビのラーメン大好き小泉さん。筆者が楽しみにしている番組です。そのドラマの …

エアギター日本一のおたむって誰?インスタ動画や本名等プロフ紹介

  昨年、日本エアギター協会が主催するエアギターコンテストで優勝した綺 …

福士リナの年齢や身長プロフィールをwiki風紹介!instagram画像一覧も

若干17歳現役高校生にして、あのルイヴィトンのパリコレモデルを勤めた女の子を知っ …

あさにゃんなるぱおの本名や年齢は?ダンス動画や画像も紹介!

近頃、SNS発信で有名になる人たちが増えていますね。 2015年夏話題となった水 …

ホリエモンの新恋人廣井ゆうとは?歴代の元彼女も紹介!

2013年に刑務所から出所したホリエモンこと堀江貴文さんですが、最近TVでよく見 …